Skip to main content Skip to Footer

英ウェストミッドランズ州警察の変革
Accenture Greater Than Symbol

治安維持サービスの向上に向けた新たなモデル

 

英ウェストミッドランズ州警察(WMP)は2015年、治安維持に関する現在と未来のニーズへの対応や、市民からの要望の管理、またオペレーション全体のコスト削減を目指して驚くべき変革プログラムに着手しました。

「WMP2020」と銘打たれた5カ年の変革プログラムのもと、WMPはオペレーションを抜本的に見直した大胆な治安維持モデルを策定しました。WMPでは、このモデルに則って革新的なデジタル・テクノロジーとエビデンスベースの予防的な警備技術を活用することにより、オペレーションの有効性と効率性を大きく改善できると考えています。

 

「この変革プログラムによって、組織の俊敏性はかつてないほど高まりました。現在は最新の情報とツールを駆使して犯罪を予防し市民を守り、多くの人々に必要な支援を提供できるようになっています」

デイブ・トンプソン

ウェストミッドランズ州警察署長

動画のトランスクリプトをダウンロード(PDF)

11,000人

職員数

第2位

イングランドおよびウェールズにおける警察組織の規模の順位

290万人

守るべき市民の数

 

変革のブループリント

 

常に変化する犯罪から市民を守るためには、治安維持のあり方についても継続的な見直しが必要です。たとえば家庭内暴力など、いわゆるサイレント・クライム(被害者が被害を訴えにくい犯罪)は増加する傾向にあり、また従来の犯罪者がサイバー犯罪に巧みに手を染めるケースも目立つようになっています。発生の頻度がますます高まり、その手口も高度化するオンライン上の脅威は見過ごすことができません。こうした状況の中、市民の間では迅速かつ容易、またよりパーソナルな治安維持サービスへの期待が高まっています。

既存のリソースと少ない予算でパフォーマンスの改善を実現するという課題に直面した警察の犯罪対策長官は、民間部門とのパートナーシップを通じて市民への治安維持サービスを改善し、将来的に、犯罪の発生自体を抑制することにより治安維持に関するサービス要請の発生も低減させたいと考えました。

目標達成に向けた最初のステップとして、まず現在の警察組織の構造と規模、仕事の進め方、組織文化、パフォーマンス、サービスに対するニーズ(要請)、およびテクノロジーの活用に関する分析・評価を実施。これにより、現在のオペレーションとWMP2020が掲げるビジョンとの間にあるギャップを明らかにしました。

さらに、警察と民間部門との間で次のような広範な協議を行い、そこから得られたインサイトをブループリントに盛り込みました。

1,600件

ソーシャルメディア・
キャンペーンへの回答数

1,390人

全18回の地方説明会において、フィードバックを提供した市民の数

80回

ワークショップの開催数

3,500人

アンケートの回答者数

11回

パートナー各社との
共催イベント

80回

被害者との再面談

「アクセンチュアを主力パートナーとして、現在も変革プロセスを継続しています」

デイブ・トンプソン

ウェストミッドランズ州警察署長

WMPは、WMP2020のビジョン実現に向けたブループリントにおいて不可欠となる「6つの柱」を特定しました。

モバイルデバイス

「これまでは職務日誌や事件記録は、無線やヘルプデスクに連絡して他の人に更新してもらわない限り、署に戻ってから、コンピュータで更新する必要がありました。現在はモバイルデバイスを使って、いつでも自分で更新できます。メールや日誌へのアクセスは容易で、署外で職務をしながら更新が行えます」

-ウェストミッドランズ警察職員

市民向けポータルサイト

「自分に関係のある事件について、ポータルサイトで状況を知ることができます。被害者として知っておくべき重要な事柄の詳細や、警察からの連絡がいつになるかといったことも確認できます。最新の情報や今まさに知りたい情報をすべて教えてくれるこのサービスは、本当に素晴らしいアイデアだと思います。警察とコミュニティの連携を抜本的に見直すことに成功した優れた変革のひとつではないでしょうか」

-ウェストミッドランズ市民

デジタル治安維持サービスの提供

アクセンチュアとのイノベーション&インテグレーション・パートナーシップ(IIP)を通じて、WMPではプロジェクトの初期段階から責任やリスク、成果を共有しながら、柔軟性や知識を向上させることができました。

市民を第一に考えたアプローチとデジタルを活用した新たな働き方の統合は、極めて重要な取り組みと言えます。WMPは、プロセスの合理化や生産性向上のほか、職員による情報アクセス環境の改善によって、財務・非財務双方の効率化を実現しています。

ソリューション

  • ボディ装着型カメラと安全なデータベース

    right arrow

    用途

    1,500台のボディ装着型カメラで収集したデータへのリモートアクセスが可能。

    メリット

    • 警察官への犯罪被害予防やクレームの削減。
    • 透明性と信頼性の向上。
    • 精度の高いエビデンスを収集することで、事件をより迅速に解決。
  • モバイルタブレット

    right arrow

    用途

    3,000人以上の警察官がタブレットを携行し、支援部隊と警察官が拡張性に優れた安全なモバイル・プラットフォームにアクセスできる。

    メリット

    • 警察官は外出先で情報を迅速かつ容易に取得でき、共有、更新が可能。
  • リアルタイム・インテリジェンス・センター

    right arrow

    用途

    新設された24時間365日対応の支援部隊が、警察官にリアルタイムに情報を提供。

    メリット

    • 関連性の高い正確な情報をいつでもタイムリーに取得。
    • 無線連絡による情報共有プロセスを減らし、効率改善およびコスト削減を実現。
    • 警察官の職務時間を有効活用することで、コストを抑えた効率改善を実現。
  • アナリティクス

    right arrow

    用途

    将来起こりうる出来事や、そのパターン、傾向などを予測して、予防的な治安維持サービスを提供。

    メリット

    • データから導き出されたインサイトを活用して情報の精度を高め、生産性と効率性を最大化。
    • 犯罪に抵抗し、害を減らし、治安維持における脆弱性を特定する。
    • 単一の正確な情報源を確立することで、市民および警察職員同士の信頼を醸成。
    • オペレーションエラーによるリスクを低減し、意思決定の品質を改善。
    • 予防的な介入のサポート、リスクの特定、限られたリソースの有効活用。
  • 市民へのデジタル・エクスペリエンスの提供

    right arrow

    用途

    緊急性の低い通報に、費用対効果に優れた使い勝手のよいウェブサイトで対応。必要に応じてウェブチャットの利用も可能。

    メリット

    • カスタマーエクスペリエンスの改善。通報や捜査のオンラインによる進捗確認機能を実現。
    • What-If分析ツールを活用して、犯罪や被害の複数のシナリオをモデリング。
    • 目撃者証言書を作成して、デジタルエビデンスとして活用。
    • 市民や被害者へのより良いサポートの提供。
 
Этот классный интернет-сайт про направление www.dekorde.com.
pillsbank.net/es/comprar/generico-cialis

на сайте cialis-viagra.com.ua